ディーラーローンの手続きは本当に容易か

マイカーローンにはディーラーローンと銀行ローンの2種類があります。銀行ローンの方が金利が低い傾向にありますから、銀行ローンの審査に通る収入があるなら銀行ローンを利用するのが賢いです。

 

もちろん、ディーラーローンにもメリットが無いわけではありません。よく言われるメリットは手続きの簡単さです。ディーラーがいろいろ代行してくれるので、早ければ即日に手続きが完結します。そのため、すぐに車に乗りたい人、書類準備が嫌いな人に好まれるマイカーローンです。

 

しかし、ディーラーローンは購入者とディーラーの間に信販会社を入れる形での契約となるために、車の所有権を信販会社が持つという問題があります。そのため、もし新しい車がほしくなったときに自由に売却することができません。また交通事故を起こして車を損壊させてしまったときも自由に廃車にできません。

 

さらに、事故を起こしたり、売却するつもりは無いという人でも、マイカーローンを完済したときには所有権の解除の手続きをしないといけません。車を購入してから数年経ってからの手続きですから若干の煩わしさを感じるでしょう。

 

以上のようにディーラーローンというのは一見、手続きが簡略化されて良いようにも見えますが、実際にはあとで余計な手続きが生じる面倒くささも併せ持っていますから注意が必要です。
ディーラーローンは金利が高いにもあるように、低金利でマイカーローンを組みたいと考えるなら金融機関でしっかりと比較をする必要があります。